<< 白星、久しぶり(J1第30節、名古屋戦、札幌ドーム) | main | 終了間際、PKで負け(J1第32節、磐田戦、札幌ドーム) >>

開始早々ミス、尾を引いた(J1第31節、横浜FM戦、ニッパツ)


0
    試合開始早々、札幌のバックパスをGK具聖潤(クソンユン)がトラップミス。
    そこを、相手の小柄な選手(エリキ)がすばしこく奪って失点します。
    試合開始、2分での出来事です。

    さらにその2分後、右サイトから攻められクロスを頭で押し込まれます。
    これも、エリキです。

    これが後々まで尾を引きました。
    札幌は、何をやってもダメ。
    横浜FMは、やりたいように攻めてきます。

    2失点目の時、GK具聖潤(クソンユン)を代えればいいのにと思いましたが、サッカーの場合は、野球のようにすぐに代えることは出来ませんね。

    札幌も、その4分後の8分、右CK(福森晃斗)からジェイが頭で合わすが、GKがハジキました。
    が、そこを鈴木武蔵が押し込みました。

    ここで(早い時間に1−2になったので)、札幌の同点、逆転の予感もしました。

    が、23分、横浜FMの仲川がセンターサークル付近から、ドリブルで札幌守備陣をかわし、最後は、具聖潤(クソンユン)までもかわしゴールをあげました。
    札幌の守備陣、だれも止めること出来ませんでした。
    こういう所が、試合開始早々のミスからの失点の影響でしょうね。

    その後は、防戦一方になりました。
    今日の試合は、ダメだろうと思いましたよ、わたしは。
    前半は、1−3で終了。

    札幌は、後半立ち上がり、チャンスがありました。
    ゴール前に攻め込みましたが、決められませんでした。
    札幌は、チャンスが少ないのですから、決める時に決めておかないと、ズルズルとなる場合が多いです。

    札幌は、時々攻めるも防戦一方という感じです。
    時々、ちょっと長めのパスを出しても、相手に取られます。
    相手にパスしてんじゃないよ!まったく。
    そんな感じばかりです。

    70分には、PA内で、福森晃斗が相手を後ろからユニフォームを引っ張りPKを献上、万事休すの失点をします。
    余計なことが起こりますね。
    これも開始早々のミスによる失点のせいかな???

    横浜FMは、おもしろいようにパスが周り、ゴール前まで行きます。
    シュートミスに助けられたようなものです。
    あと、2〜3点取られてもおかしくなかった。
    これが、首位を争うチームの力でしょうね。

    札幌は、もっともっと「正確さ」を向上しなければ、上位に食い込むことは無理なような気がします。
    しっかり練習して、磨いてほしいものです。

    2019年 11月9日(土)14:00〜 横浜FM 4−2 札幌 (ニッパツ三ツ沢球技場)

    ジェイ
    チャナティップ 鈴木武蔵
    菅大輝 深井一希 荒野拓馬 ルーカス・フェルナンデス
    福森晃斗 金眠泰(キムミンテ) 進藤亮佑
    具聖潤(クソンユン)

    後半開始から ジェイ→アンデルソン・ロペス
    61分 キムミンテ→宮澤裕樹
    74分 チャナティップ→中野嘉大

    得点:鈴木武蔵(8分、74分)

    観客:13,617人
    天候:晴

    にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
    にほんブログ村



    コメント
    コメントする








     
    カテゴリ
    リンク集
    最新の記事
    PR
    MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ





    ランキング
    にほんブログ村 サッカーブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
    にほんブログ村
    ブログランキング
    くる天ブログランキング -->
    過去のログ
    ブログ内検索
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    • SEOブログパーツ