<< 先制するも引き分け(J1第27節、鹿島戦、カシマ) | main | 残念な試合(ルヴァンカップ準決勝第1戦、G大阪戦、パナスタ) >>

最低な試合(J1第28節、G大阪戦、パナスタ)


0
    ケチのつき始めは、スタメン、チャナティップが試合前に右足を負傷して出られなくなり、急遽荒野拓馬がスタメンになったこと。
    荒野拓馬、準備不足もいいとこでしょう。
    前半はいつもの札幌の攻撃でした。

    7分頃、PA内で宮澤裕樹がアデミウソンを倒し、PKになりましたが、アデミウソンが外し、おぉ、ツキがあるぞ、と思いました。
    しかし、その後、札幌は急ごしらえと同じ状況のせいか、あまり精彩がありません。
    攻めてはいましたが、ゴール前は今ひとつかなぁ、という感じ。
    で、0−0で前半終了。

    後半開始から、宮澤裕樹に代えて、アンデルソン・ロペスを投入し、点を取りにいきます。
    しかし、なぜか、鈴木武蔵をトップ、ジェイを右シャドウ、アンデルソン・ロペスを左シャドウに配置換えします。
    ジェイの右1.5列なんて練習でもやってないんじゃないの、たぶん。

    そのせいか、まったく機能しません。
    不可解な配置換えです。
    (そのままジェイをワントップにしていたほうがよかったんじゃないの)
    57分、右サイドからのパスを後ろから走り込んできた倉田に入れられ先制点を許します。

    その4分後、今度は、宇佐美に入れられました。
    これが痛かった。
    これで、札幌の選手は、これで終わったみたいにさらに精彩を欠きました。

    ジェイに代えてルーカス・フェルナンデスを入れて立て直しを計りましたが、うまくいきません。
    70分、88分にも失点、挙げ句の果てアディショナルタイムにも失点。
    屈辱の5失点です。

    G大阪とは、この次10月9日(水)パナスタ、13日(日)札幌ドームでルヴァンカップ準決勝を戦います。
    大丈夫かいな?心配です。

    2019年 10月4日(金)19:00〜 G大阪 5−0 札幌 (パナソニックスタジアム吹田)

    ジェイ
    鈴木武蔵 荒野拓馬
    菅大輝 深井一希 宮澤裕樹 白井康介
    福森晃斗 金眠泰(キムミンテ) 進藤亮佑
    具聖潤(クソンユン)

    後半開始から 宮澤裕樹→アンデルソン・ロペス
    62分 ジェイ→ルーカス・フェルナンデス
    67分 菅大輝→中野嘉大

    得点:なし

    欠場:チャナティップ(試合開始前練習で右足負傷)

    観客:20,554人
    天候:曇

    にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
    にほんブログ村



    コメント
    コメントする








     
    カテゴリ
    リンク集
    最新の記事
    PR
    MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ





    ランキング
    にほんブログ村 サッカーブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
    にほんブログ村
    ブログランキング
    くる天ブログランキング -->
    過去のログ
    ブログ内検索
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    • SEOブログパーツ