<< 大量点勝利(ルヴァンカップ第4節、長崎戦、トランスコスモス) | main | アンデルソン・ロペス >>

いい時間帯での得点で勝ち(J1第9節、磐田戦、ヤマハ)


0
    札幌は、いい時間帯に得点しました。
    これが勝因でしょうね。

    後半は、押し気味の磐田に攻められましたが、なんとか守って3連勝です。

    前半を2-0で終了。
    2-0という危険なスコア、楽に勝つためには、あと1点入れれば・・・・
    チャンスもあったのに、決められなかったのが、ちょっとピンチを招いたということですね。

    立ち上がりの6分。
    中央付近のチャナティップから右前にいた進藤亮佑に。
    進藤亮佑から更に前に、ボールを受けたアンデルソン・ロペス。
    アンデルソン・ロペス、中央に切れ込みシュート。
    見事に決まりました。

    前半は札幌優勢のまま、進みます。
    アディショナルタイムの終了間際、札幌は右CKを得ます。

    キッカーはもちろん、福森晃斗、蹴ったボールはドンピシャで進藤亮佑の頭へ、これも見事に決まりました。

    立ち上がりと終了間際、いい時間帯での得点でした。

    後半は、早く3点目を入れたい札幌ですが、磐田は後半開始から、上原と川又を入れてきました。
    だんだん磐田にボールが回り始めました。

    札幌は、攻めますが前半よりは苦戦することになります。
    しかし、縦へのパス、ロングフィードなどでゴール前に迫りますが、ゴールを揺らすことが出来ません。

    83分、アダイウトンにゴール前シュートを打たれます。
    具聖潤(クソンユン)がハジキますが、ハジいたところをアダイウトンに決められました。

    まぁ、危ない場面もありましたが、シュートがGK正面などで助かりました。

    結果は危なげなく勝ちました。
    黄金時代の磐田に比べ、今の磐田は凄みを感じません。
    チームが黄金時代を続けるのは難しいものですね。

    札幌、これで3連勝です。
    3連敗した頃に比べ、札幌のサッカーが機能してきました。
    あまり負ける気がしなくなりました。
    この調子で勝ち点を積み上げていってほしいものです。

    2019年 4月28日(日)15:00〜 磐田 1−2 札幌 (ヤマハスタジアム)

    鈴木武蔵
    チャナティップ アンデルソン・ロペス
    菅大輝 深井一希 宮澤裕樹 ルーカス・フェルナンデス
    福森晃斗 球金眠泰(キムミンテ) 進藤亮佑
    具聖潤(クソンユン)

    43分 アンデルソン・ロペス(負傷)→荒野拓馬
    75分 ルーカス・フェルナンデス→早坂良太
    90+4分 チャナティップ→岩崎悠人

    得点:アンデルソン・ロペス(6分)、進藤雄祐(45+2分)

    観客:13,904人
    天候:曇

    ※アンデルソン・ロペス
    接触により負傷交代
    相当痛がっていましたが、大丈夫でしょうか。
    心配です。

    にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
    にほんブログ村



    コメント
    コメントする








     
    カテゴリ
    リンク集
    最新の記事
    PR
    MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ





    ランキング
    にほんブログ村 サッカーブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
    にほんブログ村
    ブログランキング
    くる天ブログランキング -->
    過去のログ
    ブログ内検索
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    • SEOブログパーツ