最終戦、飾れず(J1第34節最終節、川崎戦、札幌ドーム)


0

    立ち上がり1分で失点。
    13分には、荒野拓馬のファールでFKを与え、直接ゴールを入れられました。
    早い時間帯で、追加点入れられ、札幌ペースに持ち込めません。
    34分、ゴール前、宮澤裕樹からルーカス・フェルナンデスが左隅に蹴り込みました。


    後半は、キム・ミンテを投入、宮澤裕樹を本来のボランチに上げ、押し上げながら同点、逆転を狙いましたが、届きませんでした。


    川崎は、毎年のように優勝争いするチームであり、今の札幌とは、チームとしての差をまじまじと感じた一戦でした。
    攻守の切り替えが早く、ポジション取りもうまく、個人の能力も高くかないませんね。
    対戦成績に表れています。


    札幌は、川崎のような、試合運びをしなくては上位にはいけませんね。


    札幌は今シーズン、10位、34試合、勝ち点46、13勝7分け14敗、得点54、失点49、得失差5
    ルヴァンカップ準優勝・・・信じられない順位でした。
    天皇杯 初戦の2回戦で、HondaFCに敗れました。


    ペトロヴィッチ監督、2年目、昨年の4位から順位を落としました。
    が、野々村芳和社長のいう、新しい景色を見せてもらいました。


    札幌は、上位争いするためには、強い(上位)チームとは、5分、下位チームに取りこぼししないこと。
    超攻撃的サッカーは、浸透しましたが、好守の切り替えを素早くし、キチンと守ることも必要と思います。
    キャンプから、ビシビシ鍛えて、点を取って守れるサッカーをしてほしいと思います。


    2019年 12月7日(土)14:00〜 札幌 1−2 川崎(札幌ドーム)


    アンデルソン・ロペス
    チャナティップ 鈴木武蔵
    菅大輝 深井一希 荒野拓馬 ルーカス・フェルナンデス
    福森晃斗 宮澤裕樹 進藤亮佑
    具聖潤(クソンユン)


    後半開始から 荒野拓馬→金眠泰(キムミンテ)
    55分 チャナティップ→ジェイ
    60分 深井一希(負傷)→中野嘉大


    得点:ルーカス・フェルナンデス(34分)


    観客:26,399人
    天候:屋内


     

    にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
    にほんブログ村


    久しぶり勝った(J1第33節、鳥栖戦、駅スタ)


    0
      見れない、DAZNが・・・・・・
      技術的トラブルのようです。

      あぁあ、なんたることか。
      待っても待っても、画面は変わらず。

      見られるようになったのは、後半、10分くらいだったかな。

      画面の得点表示は、鳥栖0-1札幌でした。

      でも画面での攻防は、鳥栖が攻めていました。
      鳥栖のCKが何回もあり、ピンチの連続のようす。

      鳥栖は、降格争いまっただ中。
      この試合勝てば、J1残留だそうで、必死だったんでしょうね。
      札幌は、ピンチの連続でした。

      アディショナルタイムでカウンターから、ルーカス・フェルナンデスがゴール前にクロス、これを相手GKが弾いたところを鈴木武蔵が押し込んでダメ押し。

      これで札幌は、3戦ぶりの白星。

      札幌は、立ち上がりの4分、左サイド菅大輝からのクロスをジェイが頭で決めたようです。
      札幌は、早い時間帯に得点すると、なかなか追加点を取れない“伝統”??があります。
      せめて前半のうちに追加点を入れておけば、楽に勝てるのに・・・・
      ここのところは、来シーズンはしっかり出来るように猛練習してくださいよ、たのむよ、ほんまに。

      2019年 11月30日(土))14:00〜 鳥栖 0−2 札幌 (駅前不動産スタジアム)

      ジェイ
      チャナティップ 鈴木武蔵
      菅大輝 深井一希 宮澤雄樹 ルーカス・フェルナンデス
      福森晃斗 金眠泰(キムミンテ) 進藤亮佑
      具聖潤(クソンユン)

      59分 ジェイ→アンデルソン・ロペス
      71分 チャナティップ→荒野拓馬
      85分 菅大輝→中野嘉大

      得点:ジェイ(4分)、鈴木武蔵(90+4分)

      観客:17,512人
      天候:晴

      にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
      にほんブログ村


      終了間際、PKで負け(J1第32節、磐田戦、札幌ドーム)


      0

        立ち上がりから札幌ペース。
        しかし、攻撃の精度が悪い。
        この札幌のペースの時間帯に、点を入れないとヤバクなる予感。
        26分、スキを突かれ右サイドからクロスを入れられ、左からアダイウトンが蹴り込む。


        点を入れられた札幌は、攻めの量が落ちます。
        そのまま0−1で前半終了。


        後半はここで負けるとJ2降格が決まる磐田が、1−0の戦い方をする。
        守備を固くするも、ボールを取ってからは攻撃を仕掛けます。


        ほぼ負ける雰囲気の札幌は、88分、左CK(福森晃斗)が蹴り込むと深井一希が頭で入れる。
        これで、勢いに乗り攻撃を上乗せします。


        しかし磐田の勝ちへの意識強く(札幌を上回る)アディショナルタイム7分、進藤亮佑がファールでPKを献上します。
        荒木に入れられて万事休す。


        鈴木武蔵、決定機に外す。
        これじゃぁ、もう森保一監督は、日本代表にに呼んでくれないかも。


        2019年 11月23日(土・祝))14:00〜 札幌 1−2 磐田 (札幌ドーム)


        鈴木武蔵
        チャナティップ アンデルソン・ロペス
        菅大輝 深井一希 荒野拓馬 白井康介
        福森晃斗 宮澤裕樹 進藤亮佑
        具聖潤(クソンユン)


        後半開始から 菅大輝→ルーカス・フェルナンデス
        59分 アンデルソン・ロペス→ジェイ
        64分 白井康介→中野嘉大


        得点:深井一希(88分)


        観客:19,785人
        天候:屋内


         

        にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
        にほんブログ村



        カテゴリ
        リンク集
        最新の記事
        PR
        MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ





        ランキング
        にほんブログ村 サッカーブログへ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
        にほんブログ村
        ブログランキング
        くる天ブログランキング -->
        過去のログ
        ブログ内検索
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM


        • SEOブログパーツ