開始早々ミス、尾を引いた(J1第31節、横浜FM戦、ニッパツ)


0
    試合開始早々、札幌のバックパスをGK具聖潤(クソンユン)がトラップミス。
    そこを、相手の小柄な選手(エリキ)がすばしこく奪って失点します。
    試合開始、2分での出来事です。

    さらにその2分後、右サイトから攻められクロスを頭で押し込まれます。
    これも、エリキです。

    これが後々まで尾を引きました。
    札幌は、何をやってもダメ。
    横浜FMは、やりたいように攻めてきます。

    2失点目の時、GK具聖潤(クソンユン)を代えればいいのにと思いましたが、サッカーの場合は、野球のようにすぐに代えることは出来ませんね。

    札幌も、その4分後の8分、右CK(福森晃斗)からジェイが頭で合わすが、GKがハジキました。
    が、そこを鈴木武蔵が押し込みました。

    ここで(早い時間に1−2になったので)、札幌の同点、逆転の予感もしました。

    が、23分、横浜FMの仲川がセンターサークル付近から、ドリブルで札幌守備陣をかわし、最後は、具聖潤(クソンユン)までもかわしゴールをあげました。
    札幌の守備陣、だれも止めること出来ませんでした。
    こういう所が、試合開始早々のミスからの失点の影響でしょうね。

    その後は、防戦一方になりました。
    今日の試合は、ダメだろうと思いましたよ、わたしは。
    前半は、1−3で終了。

    札幌は、後半立ち上がり、チャンスがありました。
    ゴール前に攻め込みましたが、決められませんでした。
    札幌は、チャンスが少ないのですから、決める時に決めておかないと、ズルズルとなる場合が多いです。

    札幌は、時々攻めるも防戦一方という感じです。
    時々、ちょっと長めのパスを出しても、相手に取られます。
    相手にパスしてんじゃないよ!まったく。
    そんな感じばかりです。

    70分には、PA内で、福森晃斗が相手を後ろからユニフォームを引っ張りPKを献上、万事休すの失点をします。
    余計なことが起こりますね。
    これも開始早々のミスによる失点のせいかな???

    横浜FMは、おもしろいようにパスが周り、ゴール前まで行きます。
    シュートミスに助けられたようなものです。
    あと、2〜3点取られてもおかしくなかった。
    これが、首位を争うチームの力でしょうね。

    札幌は、もっともっと「正確さ」を向上しなければ、上位に食い込むことは無理なような気がします。
    しっかり練習して、磨いてほしいものです。

    2019年 11月9日(土)14:00〜 横浜FM 4−2 札幌 (ニッパツ三ツ沢球技場)

    ジェイ
    チャナティップ 鈴木武蔵
    菅大輝 深井一希 荒野拓馬 ルーカス・フェルナンデス
    福森晃斗 金眠泰(キムミンテ) 進藤亮佑
    具聖潤(クソンユン)

    後半開始から ジェイ→アンデルソン・ロペス
    61分 キムミンテ→宮澤裕樹
    74分 チャナティップ→中野嘉大

    得点:鈴木武蔵(8分、74分)

    観客:13,617人
    天候:晴

    にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
    にほんブログ村


    白星、久しぶり(J1第30節、名古屋戦、札幌ドーム)


    0
      前試合は、1週間前のルヴァンカップ決勝戦でした。
      接戦でしたが、惜しくもPK戦で敗れ、優勝を逃しました。
      でも、準優勝という成績は、札幌の未来を感じさせるものでしょう。

      この試合、ルヴァンカップの影響がどうでるかと思いましたが、心配なかったですね。
      いつもの札幌の試合でした。
      まぁ、相手が、7試合連続勝ちなし、下位に低迷の名古屋だったこともよかった。

      立ち上がりからは、あまりいい形での攻撃がなかったが札幌ですが、得意のセットプレーが35分にありました。
      左CK(キッカーは、福森晃斗)からフリーの深井一希が頭で合わせ先制します。
      先週のルヴァンカップを思わせるものでした。

      これで勢いづくかと思われましたが、名古屋の守備陣を崩せません。
      そのまま、1−0で前半を終了。
      もう1点欲しかったが、札幌は前半1点止まりが多いですね。

      後半は、点を取らなくてはいけない名古屋が、高い位置からボールを取りにきます。
      名古屋優位で試合が進みますが、71分、チャナティップからのパスを受けた鈴木武蔵がゴールへ進みますが、後ろから倒されPKを得ます。
      倒した吉田がレッドカードで退場。
      キッカー鈴木武蔵は落ち着いて右側に蹴って決めました。

      そして、ダメ押しは、86分、鈴木武蔵、ジェイ、ルーカス・フェルナンデスとワンタッチパスでつなぎ、得点しました。
      見事な連携でした。
      これが札幌の点の取り方だ!!という得点でした。
      ルーカス・フェルナンデスは初得点です。

      リーグ戦、5試合振りの白星でした。
      残り4試合は、なんとか連勝して欲しいと思います。

      2019年 11月2日(土)14:00〜 札幌 3−0 名古屋 (札幌ドーム)

      鈴木武蔵
      チャナティップ アンデルソン・ロペス
      菅大輝 深井一希 荒野拓馬 ルーカス・フェルナンデス
      福森晃斗 金眠泰(キムミンテ) 進藤亮佑
      具聖潤(クソンユン)

      64分 アンデルソン・ロペス→ジェイ
      78分 荒野拓馬→宮澤裕樹
      87分 ルーカス・フェルナンデス→中野嘉大

      得点:深井一希(35分)、鈴木武蔵(71分=PK)、ルーカス・フェルナンデス(86分)

      観客:19,943人
      天候:屋内

      にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
      にほんブログ村


      準優勝(ルヴァンカップ決勝戦、川崎F戦、埼玉)


      0
        1996年、コンサドーレ札幌が誕生、1年目からのファンです。
        こんな日(決勝戦)が来るなんて、夢にも思わなかったですね。

        ボロクソに負けない試合をしてほしいと思っていました。
        2年前から「超攻撃的サッカー」に変身した札幌は、見事に戦いました。

        勝ってもおかしくない試合でした。
        まぁ、何かが足りないのでしょうね。

        開始から札幌ペース。
        細かいパス回しから攻撃する川崎のいつものサッカーをさせません。

        10分、右サイドからの白井康介のクロスを菅大輝が右足ボレーで先制しました。

        しかし、守備をスキを突かれ、川崎は攻めてきますが、ポストに跳ね返されたり、完全に1点と思われたのに大きく外したり、具聖潤のファインセーブなどもあり得点を許しません。

        札幌は、この前半の間に、もう1点をガムシャラに取りにいきたかったですね。
        札幌優位の時に追加点、これができませんね、札幌は。

        前半終了間際、アディショナルタイムにCKから失点します。(悪い時間帯での失点です)

        札幌は、早い時間に得点すると、なかなか追加点が取れず、同点に追いつかれるケースが多いですね。

        もう1点取れるチームにしていけば、優位に試合運びできるのに。
        この試合最終的に優勝出来なかったのは、経験不足もありますが(川崎に比べ)、少ないチャンスに確実に決めるというところに今一歩という感があります。

        後半になると、川崎は、いつもの細かいパスを回しながらの攻撃に戻り、ベンチスタートの小林、中村憲剛が出てきてからは益々磨きがかかります。

        88分、川崎は、札幌守備陣の後ろにパス出しし、ゴール前に小林に入れられます。
        これも悪い時間帯での失点です。
        わたしは、これで負けと思いましたよ、正直。

        しかし、札幌もひるむことなく攻めます。
        アディショナルタイムも終わろうとしている時、右CKを得ます。

        これが最後の攻撃です。
        キッカー福森晃斗が、ゴール前中央辺りに蹴ったボールを深井一希が頭で合わせると、ボールはゴール左隅に吸い込まれます。
        まさしく奇跡といっていいくらいの同点ゴールです。
        再び希望が舞い下りました。スゴイぞ、札幌。

        延長戦です。
        延長前半、チャナティップがPA付近で攻撃している時、相手DF谷口に倒され、レッド一発退場になります。(VAR判定で)

        これで得たFKを福森晃斗が見事決めました。

        川崎は10人になったが、川崎らしい攻撃が続きます。
        109分、川崎の左CKからまた小林に入れられ同点です。

        試合は、引き分けのまま終わり、PK戦になります。

        札幌は、5人目石川直樹が入れれば、勝ちでしたが、相手GKに止められます。
        そして、6人目進藤亮佑が蹴ったボールも止められ、札幌は優勝を逃しました。
        5人目、チャナティップは蹴れなかったのですかね?

        でも、よく戦いました。
        初出場(ルヴァンカップ決勝には)で初優勝したかったですけどね。

        2019年 10月26日(土)13:05〜 札幌 3−3 PK(4−5) 川崎F (埼玉スタジアム2002)

        ジェイ
        チャナティップ 鈴木武蔵
        菅大輝 深井一希 荒野拓馬 白井康介
        福森晃斗 金眠泰(キムミンテ) 進藤亮佑
        具聖潤(クソンユン)

        58分 ジェイ→アンデルソン・ロペス
        73分 白井康介→ルーカス・フェルナンデス
        108分 福森晃斗→石川直樹
        117分 菅大輝→中野嘉大

        得点:菅大輝(10分)、深井一希(90+5分)、福森晃斗(99分=FK)

        欠場:宮澤裕樹(前試合で右太もも裏痛)

        観客:48,119人
        天候:晴

        にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
        にほんブログ村



        カテゴリ
        リンク集
        最新の記事
        PR
        MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ





        ランキング
        にほんブログ村 サッカーブログへ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
        にほんブログ村
        ブログランキング
        くる天ブログランキング -->
        過去のログ
        ブログ内検索
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM


        • SEOブログパーツ