ルヴァンカップ初勝利(ルヴァンカップ第4節、磐田戦、ヤマハ)


0
    記録のみ

    16分、ジュリーニョからのパスを内村圭宏が決める。(先制点)
    が、磐田に2点入れられる。
    1−2で前半終了。

    69分、白井康介がクロス、これをジュリーニョが頭でゴール。(同点)
    終盤ギリギリ、90分、早坂良太がパス、これを宮吉拓実がダイレクトでゴール。(逆転勝利)

    札幌は、ルヴァンカップ初勝利です。

    2018年 4月18日(水)19:00〜 磐田 2−3 札幌 (ヤマハスタジアム)

    FW ジュリーニョ 内村圭宏 ヘイス
    MF 田中雄大 稲本潤一 駒井善成 白井康介
    DF 濱大輝(U21) 横山知伸 早坂良太
    GK 菅野孝憲

    後半開始から 稲本潤一→荒野拓馬
    後半開始から ヘイス→宮吉拓実
    90+3分 白井康介→中村桐耶(U18)

    得点:内村圭宏(16分)、ジュリーニョ(69分)、宮吉拓実(90分)

    天候:晴
    観客:6,084人

    にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
    にほんブログ村


    最後は都倉賢(第8節、柏戦、三協F柏)


    0
      久しぶりに攻められる試合を見たような気がします。
      立ち上がりから、柏優勢の展開でした。

      こりゃいつもと違うな、と思っていたら9分、失点してしまいます。
      しかし、今年の札幌、ズルズルいきません。

      13分、右サイドから三好康児からのクロスを今シーズン初スタメンの宮吉拓実が頭で合わせ同点です。

      しかし前半は、危ない場面が多く、柏の攻撃が目立ちましたが、1−1で終了です。

      後半も攻めは相変わらずで柏優勢で、いつ点を入れられるかと思いながら見ていました。
      でも、札幌も徐々にリズムを取り戻し、攻撃するようになりました。

      終了間際になった87分、都倉賢から右サイド三好康児に、三好康児が中央に折り返すと都倉賢が頭から突っ込みゴールです。

      ややっ、またしても最後は都倉賢です。

      この試合ケガ人が多く、メンバーも入れ替わっていましたが、ペトロヴィッテ監督の攻撃サッカーが、チームに浸透しているように感じました。
      チームの誰が出ても、同じように攻撃できる。
      また、固い守備も出来る。

      このようなチームになって欲しいですね。

      2018年 4月14日(土)14:00〜 柏 1−2 札幌 (三協フロンティア柏スタジアム)

      都倉賢
      宮吉拓実 三好康児
      菅大輝 兵藤慎剛 荒野拓馬 駒井善成
      石川直樹 金眠泰(キムミンテ) 進藤亮佑
      具聖潤(クソンユン)

      73分 荒野拓馬→早坂良太
      78分 宮吉拓実→ジュリーニョ
      85分 兵藤慎剛→稲本潤一

      得点:宮吉拓実(13分)、都倉賢(87分)

      ジェイ 右太もも裏痛
      チャナティップ 右足首痛
      宮澤裕樹 左ふくらはぎの張り
      福森晃斗 右股関節痛
      深井一希 前から
      ※けが人多すぎないか?

      天候:曇
      観客:9,533人

      にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
      にほんブログ村


      最後は勝つ(第7節、湘南戦、札幌ドーム)


      0

        札幌のサッカー、攻めのサッカーになり攻めて攻めて攻めまくりのサッカーになりました。
        選手も、監督の意図を理解し、練習を積み重ねてきた結果を出すようになりました。
        試合中、ほとんど攻めている展開です。


        まぁ、ここ2試合は、名古屋、湘南と昇格したチームとの対戦ですので、この展開になったとも思いますが、これから鹿島のような強力なチ−ムとの戦いでは、やすやすとゴール前に運ぶのも難しいかも知れませんね。
        が、しっかり練習してここ2試合の試合展開が出来るようになって欲しいものです。


        しかし、攻めて攻めていつ点を取ってもおかしくない試合をしています札幌ですが、最後の詰め、いわゆる「決定力不足」を解決しなければ、簡単に点を取ることもできないし、勝つことも出来ないでしょうね。


        この試合も、攻めて攻めているが、最後の詰めのところで、点が入りません。
        都倉賢のシュートを打ちますが、今ひとつ確実性がないですね。
        たくさん打っていれば、いつかは入ることもありますが。
        ここが、確実性のあるジェイとの差でしょうか。


        都倉賢、ヘイスのゴールポストに嫌われツキもない場面もありました。
        後半の中盤くらいになると、もう今日は点取れない。
        攻めて引き分けで終わってくれ。
        という、消極的な考えになっていました。


        しかし、アディショナルタイムに歓喜が待っていました、今日の試合は。


        アディショナルタイムの1分、兵藤慎剛から都倉賢へ。
        都倉賢が、ゴールに押し込みました。
        まさに、最後の最後での得点です。
        これがあるから、サッカーはおもしろいのだよ。


        札幌、この試合20本もシュートを打っています。
        しかも、枠内シュート13本です。
        もう少し早く得点しといてくれ、と思うのは贅沢な望みでしょうか。


        安心して見ていられるサッカーを希望します。
        そう簡単にできたら苦労しない、という声が聞こえてきそうですっけどね。

         


        2018年 4月11日(水)19:00〜 札幌 1−0 湘南 (札幌ドーム)


        都倉賢
        チャナティップ 三好康児
        菅大輝 荒野拓馬 宮澤裕樹 駒井善成
        福森晃斗 金眠泰(キムミンテ) 進藤亮佑
        具聖潤(クソンユン)


        64分 荒野拓馬→兵藤憲剛
        66分 三好康児→ヘイス
        83分 チャナティップ→宮吉拓実


        得点:都倉賢(90+1分)


        天候:屋内
        観客:11,183人

         

        にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
        にほんブログ村



        お気に入りに追加


        コンサドーレ札幌のチケット購入はこちらから icon
        カテゴリ
        リンク集
        最新の記事
        PR
        MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ





        ランキング
        にほんブログ村 サッカーブログへ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
        にほんブログ村
        ブログランキング
        ブログ王ランキングに参加中!
        ブログランキング【ブログの惑星】
        くる天 人気ブログランキング
        過去のログ
        ブログ内検索
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM


        • SEOブログパーツ
        Supported by 楽天ウェブサービス